スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

いっぱい、いっぱいの力

やっと、風邪、治って来ました。

完調という訳では無いけれど、ようやく・・・・・。
風邪っていつも、2・3日で治るんだけれど、こんなに長く掛るとは、
免疫力が落ちているのかな?年かい?

ちと、論考。

今って、「いっぱい、いっぱい」なモノでないと
中々受入れられないのではないかな??

今年に入ってから、お芝居を良く見に行く。
彼らは、必死だ。
その場で反応がダイレクトに返って来るから。
特に若い、経験の無い役者さんは。
笑いを採るにも必死。
手馴れた、役者さんのみを集めた、完成度の高い芝居も良いのかも知れない。
が、あえて、若手と一緒に演じるのは、この、いっぱい、いっぱい感が
舞台を引き締め、役者に、観客に何かを伝え、感じる事の出来る、源となるからだろう。

いっぱい、いっぱいを、わざとらしく表現する事は無いと思うけれど。
平気な顔をしていても、必死な時、その想いを相手は感じている。

design&art系blogが集まっています

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL