子供に安心な、窓廻りの設計

子供は想定外の動きをします。
怪我しないか?事故がおきないか?心配ですよね。
特に、窓廻り・・・落下したら?という不安があります。
各言う私自身も、小学生の頃、2階の窓から落ちた事がります。
お尻が重かった為、尻から落ちて事なきを得ましたが。

写真のお宅は、6年前に設計したお家です。
先日伺った処、当時居なかった、お孫さんが生まれています。なんと双子で!
お孫さんが遊びに来る様になり、建築時点ではぴんと来なかった窓の形状など、
子供に安全になっている事が良く分かると、言って貰っています。

上の写真の子供部屋の窓は、高い位置にあります。
小さい子が、簡単に明け締め出来ない様に、高い位置かつ、隣の屋根からぎりぎり出る
ところに窓を設けて、光や風も取り込みます。

 

 

左と中央のサッシはFIX(羽目殺し)の窓で開きません。
唯一、右側の窓のみ開きますが、落下しない様、バーを渡して
落下を防止しています。

 

 

正面の窓は出窓ですが、手前に作りつけのカウンター机を作ったので、
子供はそこに上って遊ぶことも・・・・・
出窓の正面はFIX(羽目殺し)の開かない窓にしました。
出窓の横は開閉できますが、細く人が通れない窓をつけて、そこから風を取り入れています。

実は、子供に安心な家は大人にも安心です。
 

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

 

JUGEMテーマ:建築設計

住宅の1年点検



1年前にお引渡しした、住宅の1年点検に行って来ました。
1年経って不具合が無いか、チェック。
大きな問題は無く、建具の建てつけ調整と、サッシのガスケット交換程度。
(工務店さんと相談して、無償で行える範囲で、行う事に)

建物は、メンテナンスも大事になって来るので、
竣工後のフォローもマメに行わないと。...

中庭をすごく気に入っていって貰っていて、階段に仕込んだ本棚も
上手く使ってくれている。
そして、明るい家で快適なんだよと言って貰えているのが、なにより。

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

住宅密集地の光あふれる家のつくり方!「視線の抜け」



周囲が囲まれている、住宅密集地では、圧迫感のある狭苦しい空気になりがちです。
圧迫感の無い、伸びやかな環境を形成するには、
視線の抜ける場所をつくる事が大切です。

中庭上部の吹抜け空間は、視線が抜ける場所であり、もう一つ部屋が有る様に感じ、
吹抜けを効果的に配する事で、伸びやかな住空間が形成されます。




小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

JUGEMテーマ:住宅
 

住宅密集地の光あふれる家のつくり方!「屋上テラス」



住宅密集地では、家の前にすぐ家が建っています。
良い眺めが得られない場合が多いのですが。
屋上テラスを設ける事で、眺めの良い場を獲得します。

どんなに建て込んだ町でも空はかならず平等に存在します。
都心で、空が見えるという事程、豊かな事は有りません。

また、住宅密集地には、高い4階以上の建物が建っている
場合が少なく、廻りの家の屋根の上の、屋上テラスからは、
遠くの景色まで眺められ伸びやかな住まいになります。

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

JUGEMテーマ:住宅


 

住宅密集地の中庭のある家



住宅密集地では、空気の入口と出口をつくってあげる事が大切です。

空気の出入りが無いと、ジメジメした淀んだ空気が溜まってしまいます。


そこで、中庭を設ける事で、空気の入口・出口として機能させ家全体に、
新鮮な風を取り込みます。


当然中庭からは、光も取り入れ、もう一つのリビング、
アウトドアリビングとして使える家になります。







中庭の上部の空から、明るい光が下りて来る景色。

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

JUGEMテーマ:建築設計
 

住宅密集地の光あふれる家のつくり方 階段



下町や都心部では、住宅が密集・敷地の小さな町が、広がっています。
圧迫感を感じ、光が入らず暗く、風通しの悪いジメジメした、
住環境の家が立ち並んでいます。
「風」と「光」を取り入れ、伸びやかで、高さ制限を上手くクリアする、
光あふれる明るい家の創り方をお伝えします。

階段
階段は、屋上から1階まで、住まいの軸となる部分です。
その軸を「光」と「風」を取り込む筒とします。

光を通す為、階段は、スケルトンにする事で、光が天井から、
1階まで降り注ぎ、明るい家になります。

階段室の窓を下から、上につける事で、風が煙突化現象により
風が吹き抜け、湿気が溜まらない、心地よい住環境になります

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所


北区S邸 完成写真を掲載しました。



北区S邸の完成写真を、ホームページに掲載しました。

こちらhttp://www007.upp.so-net.ne.jp/spiritual/shouse1.html

都区部の、住宅密集地に、驚く程、光あふれる伸びやかな家です。

住宅密集地では、狭く、混みあっており、光も風も入らず、
圧迫感の有る家になりがちです。

そこで、中庭を設け、光が落ちて来る階段をデザインする事で、
光と風を通し、借景としての窓を設け、視線が抜けていく場所をつくる事で、
伸びやかでゆったりした、上質な空間となっています。


是非、ご覧ください。

JUGEMテーマ:建築設計

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

新築祝い



北区S邸、完成し、お施主さんにお引き渡しする事が出来ました。

設計から、現場監理と、長い期間、集中して携わって来たので、
ちょっと、寂しい気持ちもあるんです。

暗くなりがちな、住宅密集地ですが、ご要望戴いた、
光あふれる住まいが出来、ホッとしてます。よかった。

お引き渡しの時、いつも「新築祝い」のプレゼントをお施主さんにするのですが、
今回はこれ。
「真鍮の箸置き」です。

明るく、品が良く、さっぱりした、お施主さんご夫妻ですので、
似合うかな?と思って、連れ合いが選んでくれました。

お渡ししたら、喜んでくれたので、嬉しい。

新しく購入された家具も、良い感じで、居心地良さそうな生活が
想像出来ます。

JUGEMテーマ:住宅
 
小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

間接照明



北区S邸、仕上工事中です。
壁の仕上げに先行して、間接照明が取り付けられています。

中々良い仕上がりです。
高級感、出てるなー。

間接照明にする事で、天井全体が照明になり、
天井が高く感じます。


敷地自体が、住宅密集地で、東京都独自の建物の高さ規制が掛かる為、
高い建物にする事が出来ない。
上に伸ばさないと、建物の面積が小さくなってしまう。。。。。
という、条件の厳しい敷地です。

その為、高さに関しては、色々な工夫をしています。

1階は、半地下。

各階の階の高さは、通常の鉄骨造より、60センチ程低くしています。
但し、天井の高さは、通常の高さを確保。
天井フトコロ(天井と床までの間)を小さくする事で、可能になる手法です。


通常の天井高さを、確保しているとはいえ、住宅密集地です。
間接照明は、住宅密集地特有の狭い感覚を無くし、
広い空間に感じる仕掛けでも有ります。

JUGEMテーマ:住宅

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

エキスパンドメタル



北区S邸、中庭上部のバルコニーに、エキスパンドメタルの手摺りが取り付きました。
錆びない様に、溶融亜鉛メッキ仕上。

中庭から、室内に光を通し、眺望・見通しを良くする為に、
目をを大きくしています。
この中庭とその上部の吹き抜け、綺麗なボイドが建物に入れ込まれていて、
住まい全体の呼吸する、口の役割を担っています。

(肺の部分が、光の落ちて来る、階段かな)

逆に、道路側のバルコニーに取り付く手摺りの目は、覗かれ辛い様に、
目を細かくしています。
向きを工夫していて、室内からは、目線が抜けやすく、
外部からは覗き辛い目にしています。

その辺りの、コントロールが出来るのも、エキスパンドメタルの特徴です。

物流に支障が出るなど、震災の影響が出てはいますが、
着実に完成に向かっています。
ご理解戴いている、お施主さまと、頑張って工事をしている
工務店さんには、助けられています。

後、もう一息だ。がんばりましょ。

JUGEMテーマ:住宅

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所