スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

つくば市民大学「希望をつなぐ」プロジェクト

現在、つくば市民大学では、NPO法人茨城NPOセンター・コモンズほか多数のNPO等と連携して、北茨城市や福島県いわき市などへの緊急支援を行っております。

北茨城・いわきに届ける緊急支援物資を募っています。

つくば市民大学のホームページに詳しく出ています。
救援物資の募集等、その都度行っているので、ホームページやツイッターを
チェックしてください。

環境まちづくり

中々行けなかった、つくば市民大学の運営組織(ウニベルスタシスつくば)の
ミーティングに参加。

危機感は有る様だけれど、去年のスタート時に比べたら順調に動いているなー。
努力の賜物ですよ。すごい。

ファシリテーションの講座は、受講生として参加してみたいけれど・・・
講師と受講生が、知り合い同士は難しいかな。

そうそう、市民活動と言えば、大学の友人(後輩)地元に戻って
環境(生き物)系の活動をしています。
子供たちに対する、ワークショップが活動の柱の一つ。
http://www.nh-bio.net/2010/05/blog-post_3264.html

遣りたい事・大事な事をちょっとづづ、実践していて、頑張ってるなー。
地道な事の積み重ねが、形になって来たんだろうね。

建築設計の修業をしっかりした友人が、あえてそこから離れ、
異なる分野を自分のすべきことと見据えて活動している
「姿」と「志」には、敬服しますよ。
彼の修業時代のしんどい時期も知っているだけに、よけいに応援したくなります。

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

バリアフリー 車いす

 

携わっている、「つくば市民大学」で、バリアフリー化を図っています。

先日、車椅子ユーザーさんに来て戴いて、トイレのバリアフリーリフォームの検討をしました。
エンドユーザーである、車椅子ユーザーさんに、意見を聴き、試して貰い、
仕様、大きさ方法を考える。

こんな機会はめったに無い。

当たり前の様に、検討してましたが、結構すごい事!!

巷に溢れている、バリアフリー仕様のトイレが如何に、考えられて無いか・・・・・・
そして、設計者も本で見た設えを、さも正しいかの様に、設計し、発言し、
プロ然としているか。
(ここまで設置しておけば、文句を言われない・・・・・そんな姿かも・・・)

事件は現場で起こっている。
バリアフリー教本も、バリアフリー設計仕様も、
住環境コーディネータの試験問題も、あくまで総花的な教科書で、
もちろん学ぶべき大切な事なのだけれど・・・。

現実は、全てが特殊解。

つくば市民大学の特異性が無ければ、実現しなかったな〜。

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

つくスタ縁日



つくば市民大学での、講座の後、隣駅で行っている、
「つくスタ縁日」その場で縁日に、伺って来ました。

「つくばスタイル」と銘打って、つくばや近郊で活動している、
色々なNPOから、まちづくり、アート、スポーツまでの団体が出展している、
お祭りです。
わが、「つくば市民大学」もその場で縁日という形で、参加させて貰ってます。
(この日の講座をその一つという位置づけ)

出展していたり、世話人をしている、懇意にしている方たち、何人かに挨拶した後、



お団子食べて帰って来ました。

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
人気ブログランキング

JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:観光まちづくり
1