雑誌 掲載記事をPDFで読めます。



介護ビジョン 7月号に、デザイン・設計した茨城有料老人ホーム
(サンテーヌ土浦新館)が掲載されています。

すごーく良い感じの、写真と、実感の籠もった文章で紹介されました。

出版社さんのご厚意で、記事をネットで読む事が出来る事になりました。
こちらのホームページからPDFでダウンロード出来ます。

良い記事ですので、是非、読んでください。

雑誌名  :「月刊 介護ビジョン」2011年7月号
発行元  :日本医療企画
写真撮影:関口宏紀

JUGEMテーマ:気になる書籍

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

ジメジメを乗り切る、お部屋の湿気対策!

蒸してますね。

いよいよ夏らしく?梅雨らしく?
湿度がつらい時期になって来ました。

湿気対策は、暑さ対策と又違い、打ち水・スダレで対処出来ません。
今年は、節電も有るので、エアコン ドライにしずらいし・・・。

そこで、簡単に出来る、湿気対策方法を、R25というWEBサイトでコメントしています。
こちら
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20110531-00020227-r25

興味のある方は、ちょっと読んでみてください。

これ以外にも、湿気は収納に籠るので、
着た服・脱いだ靴は、乾かしてからしまったり。

時には、収納の扉も開け放して置くと、湿気が逃げます。

是非、お試しください。

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

人気設計士に理由アリ



リフォーム産業新聞さんが、出しているリフォーム達人倶楽部という、
タブロイド紙の2月号に、インタビュー記事が掲載されました。

年初に、取材を受けた内容が記事になっています。
「人気設計士に理由アリ」というコーナーで、紙面1面使ってくれてます。

住宅のリフォームに関する新聞なのですが、
毎回、人気の設計士さんを取り上げ、それぞれがどんな感じでヒアリングをし、
要望をキャッチするのかを、記事にしてます。
今回の記事では、ちょっと、特殊な、ワークショップ的なヒアリング方法を
紹介しています。

ご興味のある方は、リフォーム産業新聞さんから取り寄せてみてください。

以前、友人もこのコーナーに掲載されてました。
世の中狭い・・・・・。
設計業界は意外と小さいな〜。

来週は、雑誌の取材が入ってます。
こちらは、老人ホームの設計に関して。
取材の依頼って、ふっと電話で掛かって来ます。
ちょっと、面白い。

JUGEMテーマ:気になる書籍

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

読売新聞 朝刊

昨年、読売新聞さんのインタービューを受けた記事が、
YOMIURI  ONLINE さんのサイトに掲載されています。

こちらホームガイドに。

バルコニーの床、スノコ状 に関して、コメントしています。
バルコニーの床をグレーチング(スノコ)にする事の良さと、
気を付けた方が良い事が書かれています。

中々面白いかつ、役に立つ記事に仕上がっていますので、
是非、アクセスして読んで下さい。

JUGEMテーマ:住宅

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

新聞に載っています。



先日、読売新聞の記者さんから、取材を受けたのですが、
今朝(9月16日)の朝刊に、その内容が載っています。

バルコニーの床をグレーチングにする事について、コメントしています。



読売新聞をとっている方、16面ですので、是非読んで見て下さい。

 小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
All about プロファイル

JUGEMテーマ:気になる書籍
 

メルマガ

 しばらくお休みしていた、メールマガジン

「家づくり通信」

再開!!配信始めました。

諸々の情報から、デザイン設計に関する、良くなる方法をお伝えして行きます。

是非、メールアドレスを登録して、購読してください。

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
All about プロファイル

住みたいねっとマガジン コラム 執筆



住みたいねっとマガジン vol.21 8月号

連載コラムが掲載されています。

今回は、「家族の成長」。

住まいは、家族が成長し、変化しながら、その変化を受け止める器です。
そんな事を書いています。

住みたいねっとの会員になると、住みたいねっとマガジン、毎号送って貰えます。

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
All about プロファイル

JUGEMテーマ:気になる書籍
 

冊子の監修

事務所に、コラムを執筆しているマガジンの方が、来られて、
新しく、冊子を作成するとの事です。

で、その冊子の監修と執筆を頼まれ・・・・・・え?
って感じでした。

以前に手伝って欲しいという話は伺っていたので、
その一部分を執筆するのかと思っていたら・・・・。

部分じゃ〜なく・・・・・ほほー。
ま、新しいチャレンジ、愉しみましょうか。

ついでに、セミナー講師の依頼も戴き。
夏の終わりから3回程、行う事となりました。大丈夫か?俺??

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

JUGEMテーマ:気になる書籍
 

つくばエクスプレス 住みたいねっとマガジン



住みたいねっとマガジンで連載中の、making of マイハウス

2010年3月 vol19号に掲載されました。

今回は「有効に使えるプランニングと家づくり」
プランのちょっとした基本と、そもそも家づくりとは?という文章を書いてます。
文章の評判は中々好評!

ちょっと怪しげ??、いやいや、家づくりの応援をしてますよ。

是非、「住みたいねっと」で検索して、マガジン取り寄せて読んでください。

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

JUGEMテーマ:気になる書籍

リハビリテーションと庭ー2



 安心安全と管理

 素晴らしい庭は、安全で有る事も大切です。
大きな段差よりちょっとした段差の方が危険です。
意図した勾配の散策路なら良いのですが、
雨水をテラスに貯めない為のちょっとした勾配ですら、
車椅子は動いてしまうので要注意です。
池や川など、水のある場所には、落下防止の柵が必要です。


 建物内を掃除するのと同じく、庭も維持管理を行わなくてはなりません。
そこで、日々手入れをする草花の範囲と、
造園業者さんに手を入れて貰う範囲を明確にし、
日々自ら手を入れる花壇などは、限定した植え込みとします。
また、草花も1年草では無く、多年草など、
手が掛りづらい花を効果的に植えると管理の負担が軽減されます。

 

 相乗効果による入居者増の期待

 最後に、庭を整備する事での相乗効果をもう一度、まとめたいと思います。庭が美しく設けられている事は、入居者だけで無く、
家族や介護スタッフの心にも影響し、
潤いや心の余裕を生む事を以前お話しました。
精神的な余裕は、心のこもった介護に繋がり入居者さんに喜ばれます。
入居者の笑顔は家族の喜びとなり、
良い評判が潜在的な入居見込者の家族に伝わります。
入居見学に来られた時にも、心に潤いと喜びの有る、
入居者と介護スタッフを見、他の施設に無い綺麗な庭を見る事で、
付加価値を訴え掛ける大きな力となります。(図参照)

 介護施設差別化研究という事で、まだ試みられた事例の少ない庭について、
私が設計に携わり調査を踏まえた経験を元に、ここまで記させて戴きました。
ちょっとした差異は大きな差別化に繋がります。
しかし、効果的に差異をつくる整備をしなければ、効用半減、
宝の持ち腐れになってしまいます。
庭の設計方法によって最大限の成果が出る整備手法を記して来たつもりです。
私も日々、高齢者施設のデザイン・設計に尽力している毎日です。
少しでも、お役に立てたのなら嬉しい限りです。


(高齢者住宅新聞 庭で入居者満足度向上 第4回コラム より  小木野貴光 著)

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所
人気ブログランキング

JUGEMテーマ:気になる書籍