中庭がもたらす、幸せ空間

 

中庭をつくることで、たくさんの良い効果が生まれます。

光と風の通り道になります。

安全な遊び場になり、プライバシーが守られ、開放的な家につながり、良いことづくめです。

 

 

光と風の通り道

 

中庭は光と風の通り道になります。

特に住宅密集地では、周囲に隣の家が建て込んでいて、風通に建てると暗く圧迫感のある住まいになってしまいます。

中庭は敷地の中の光の筒、風の筒になるので、中庭を通して太陽の光を取り込み、風通しの良い住まいとなります。

 

プライバシーが守られ、開放感が生まれる

 

中庭に向かって、大きな開口部をつくる事で、開放感が生まれます。

中庭は外から覗かれないため、プライバシーを確保できます。

子供たちが遊んでいても、道路に飛び出さず安心です。

 

子供のプールを膨らませたり、バーベキューをしたり、洗濯物を干したりしても、覗かれること無く、プライベートな外部空間は生活に楽しみを増やしてくれます。

もう一つのリビングである、アウトドアリビングになります。

 

 

建ぺい率を上手く使う

 

敷地を上から見て、建物が建っている範囲を建築面積といいます。

建築面積から敷地面積をわった数字を建ぺい率といいます。

建ぺい率60%というのは、敷地の6割の場所にしか家を建ててはいけないということです。

狭い敷地では、中庭をつくることで、建ぺい率を60%にし、敷地全体を使って建物を建てることが出来ます。

 

 

屋上は天空の中庭

屋上は、日が当たり、眺めが良く、開放的で、非日常を味わえます。

密集した住宅地、隣の建物が接近して建っていても、屋上にでれば遠くまで広がる眺めが解放感抜群です。

 

これまでいくつかの屋上・ルーフバルコニーのある家を設計してきましたが、そこでは近くの公園の桜を眺めたり、ビールを飲みながら日焼けをしたり、子供のプールを広げたり、ベランダガーデニングを楽しんだり、毎日の洗濯モノを干したり、特別な時間を過ごす事もあれば、日々の生活空間として利用したりしています。

 

暗くなりがちな住宅密集地を心地よく過ごせる仕掛けでもあります。

 

【編集後記】

気候が変わって、ゲリラ豪雨なんかもありますね。

10年に1度の自然状況を考えた住宅性能が必要になっていますね。

 

【初めての家づくり講座】

家づくり、何から始めていいのか、わからない。

誰に相談したらいいのか、わからない。

まだ何も決まっていないけれど、はじめたい。 

そんな声にお答えする為に、家づくり講座を行っています。 → 詳細はこちらまで

 

「株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所」

JUGEMテーマ:住宅

眺めの良い借景、嫌なモノは隠す

 

家から眺める景色。

良い景色を室内から眺められ楽しむことを、借景といいます。景色を借りてくることです。

近くに、良い眺めがあれば室内から見える様に、積極的に取り込み、逆にあまり見たくない景色は、隠してしまいましょう。

 

 

リビングからの眺め

敷地のまわりに、公園や街路樹、庭など眺めの良いものがあれば、眺められる位置に窓をつくり景色を借りてしまいましょう。

写真のように、レンガ造りの素敵な建物が眺められたり、家の前の桜の木を眺めることで、四季を感じ、自然を室内に取り込んだ家になります。

 

 

見たくないものは見ない

家のまわりは、良い景色ばかりではありません。

見たくない景色もあります。

汚れたブロック塀や、隣の家の窓など見たくないものの方向には、窓をつけず壁にして隠してしまいましょう。

 

特にお隣の窓と向かい合った位置に窓をつけると、お互いに覗きあう関係になってしまい、気まずい想いをします。

結果、一日中カーテンを閉め切った、窓になってしまいます。

写真の窓は、隣の壁しか見えませんが、隣家と窓の位置が合わない様に場所を変えたため、相手の窓は見えないながら、光と風を取り込んでいます。

 


 

【編集後記】

昨日は、東京商工会議所北支部の集まりでした。

多様な業種・属性の方と突っ込んだ話ができる機会は、貴重ですね。

 

【初めての家づくり講座】

家づくり、何から始めていいのか、わからない。

誰に相談したらいいのか、わからない。

まだ何も決まっていないけれど、はじめたい。 

そんな声にお答えする為に、家づくり講座を行っています。 → 詳細はこちらまで

 

「株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所」

 

JUGEMテーマ:住宅

寝ても・起きてもワクワク、子供の遊び場

 

子育ての場として、企業内の託児所や保育所、子供が遊べるスペースなどを設計しています。

 

寝てもワクワク

 

0歳児がらお預かりする、保育所や託児所では、子供たちは横になって寝そべっている時間が多くなります。

寝ている時に、つまらなくならない、ワクワクする場づくりが必要です。

写真の企業内託児所では、上を向くと7色がみえる天井にして、寝ていても楽しくなるスペースをデザインしました。

 

円形に掘り込まれた天井は、子供たちが好きな原色カラーで塗られ、その中央に照明が仕込まれています。

照明自体は家庭で使う一般的な照明ですが、円形の天井と一体化して掘り込まれた天井自体が照明のようになっています。

質の高い空間に少しでも触れることで、子供の感性は発達します。

 

 

起きてもワクワク

7色の天井の託児所は、高齢者デイサービスの企業内託児所で、部屋を一歩出ると、写真のような数字のかかれた、回廊があり、散歩をしたり探検をしたり、子供たちは楽しんでいます。

 

 

子供と一緒に働く

子育てママさん達で経営している、企業のオフィスです。

子供達を遊ばせながら仕事をするというスタイルの働き方をしています。

 

子供の遊び場として、黒板の壁をつくりました。

下半分を子供達が落書きに使い、上半分を大人たちが会議の板書に使う、仕事も子育ても楽しくなる空間になっています。

 

 

 

JUGEMテーマ:建築設計

ハイサイドライト(高い位置の窓)は覗かれないが、明るい家になる

 

高い位置に設置する窓のことを、ハイサイドライトと言います。

横長の窓を高い位置につけると、高い位置ですから、窓から中は覗かれません。

高い位置の窓では、太陽の光が角度をつけて室内に入って来るため、部屋の奥まで光が入り、小さな窓でも、明るい部屋になります。

 

高い位置の窓は採光力が大きく、道路側や隣の家の窓の位置と重なってしまう場合に、役に立ち開口部です。

 

 

【編集後記】

マラソンを始めてから、膝が弱いことに気づきました。

東京マラソンでひどく痛めたのですが、原因の一つがO脚。

O脚の為に、走っていて足を着いた時に、膝が内側に入ってしまうんですね。

直さないと同じことの繰り返しですので、ストレッチで矯正して、モデルの様な、まっすぐな足を目指します。

 

【初めての家づくり講座】

家づくり、何から始めていいのか、わからない。

誰に相談したらいいのか、わからない。

そんな声にお答えする為に、家づくり講座を行っています。  → 詳細はこちらまで

 

「株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所」

 

JUGEMテーマ:住宅

プライバシーと開放感を両立する住まい

 

家の中を覗かれるのはちょっと。。。でも閉じこもるのでは無く、開放的な家にしたいものです。

道路から建物が近くなってしまう家は、特にあけっぴろげには出来ません。

プライバシーを確保しながら、開放感を味わえる住まいでは、自由を感じることができます。

 

 

中庭は覗かれない、オープンエアの遊び場

 

大きな窓があると、それだけで開放感を感じられます。

でも、覗かれてします。

そこで、中庭をつくり、中庭に向けて大きな窓を設置し住まいを開くと、室内が開放的になり、中庭ゆえにプライバシーが確保されます。

 

中庭は子供たちが安全に遊ぶ遊び場にもなり、道路に飛び出さず、子供のプールを広げても外から見られません。

光もたっぷり室内に取り込みます。

 

 

覗かれないバルコニー

 

バルコニーの配置の仕方を工夫し、外から見えない場所にバルコニーをつくり、大きな窓をつくると、光がたっぷり取り込まれ、開放感を感じながら、プライバシーを守ります。

 

道路側に大きなバルコニーをつくりたい場合は、目隠しルーバーという、タテやヨコ方向に格子状のバーをつけて家の中を覗かれない様にします。

ルーバーは、木製やアルミ製など素材も多く、好みの材料を使えます。

 

ルーバーの本数や、角度を変えることで光の入り方と、覗かれなさのコントロールが出来ます。

実際、ルーバーの内側は驚くほど明るく、光を取り込んでいます。

 

 

 

【編集後記】

プレゼンの前の日は、日をまたいで作業をしてしまいますね。

間取りの提案をぎりぎりまで検討してしまうのが、原因。

20代の時は徹夜をしていたのですが、今では、プレゼン時にコミュニケーションをしっかりとりたいので、

睡眠時間を最低限は確保しています。

 

【初めての家づくり講座】

家づくり、何から始めていいのか、わからない。

誰に相談したらいいのか、わからない。

まだ何も決まっていないけれど、はじめたい。 

そんな声にお答えする為に、家づくり講座を行っています。 → 詳細はこちらまで

 

「株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所」

 

JUGEMテーマ:住宅

収納も回遊式

 

 

回遊式動線ですが、家全体だけで、住まいの一部回遊式にする方法でも、生活がしやすくなります

 

図面のクローゼットはファミリークローゼットという家族みんなで使うクローゼットです

寝室側からも、廊下からも使える、使いやすさが格段にアップした収納になります

 

玄関収納とリビング・玄関回遊式にすることで、玄関へのアプローチ方法2方向になり、玄関からモノのれがしやすくなりメインのお客様動線とサブのお勝手口動線出来、便利になります

 

 

編集後記】

音羽にある護国寺には、茶室多数あり茶会がよくわれています

茶道護国寺のつながりの機会がありましたが、近代財閥全盛期方々財力

行動力さをると、文化保護するために私財人生をなげうつ。。。。。

使っているたちがいた時代面白さとむちゃくちゃさもることが出来ました

どのように、自しむ時間場所、資金使うのか。考えるべきですね

 

【初めてのづくり講座】

づくり、何からめていいのかわからない

相談したらいいのかわからない

まだまっていないけれどはじめたい。 

そんなにおえする、家づくり講座っています。 詳細はこちらまで

 

「株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所」

 

JUGEMテーマ:住宅

加賀のテラスハウスがhomify掲載

 

Webマガジン homifyに加賀のテラスハウスが掲載されました。

「シューズインクローゼットのある家5選!- 玄関周りもたっぷり収納」という記事で、
「収納にもこだわった、提案型集合住宅」として5選に選ばれ掲載されています。

 

住む人らしい、住む人に似合った家が良い家だと考え設計をしていますが、

住む人らしさが如実に出るなあと考えているヵ所一つが、玄関廻りの収納計画です。

 

建築家・建築設計事務所の質の高い、設計住宅を紹介する、web記事で、

シューズインクローゼットの上手い設計事例として紹介されています。

この手のサイトで、収納特集の記事がかかれるということは、考え込まれた収納デザインは、

やはり家づくりのポイントの一つになっているあかしですね。

 

その中でも、玄関廻りは、外部との関係・生活のしやすさ・ライフスタイル・お客様との関係と、

色々な要素の詰まっている場所ですから、こだわりがいgある場所になります。

 


 

【編集後記】

昨日は、東京商工会議所北支部の集まりでした。

多様な業種・属性の方と突っ込んだ話ができる機会は、貴重ですね。

 

【初めての家づくり講座】

家づくり、何から始めていいのか、わからない。

誰に相談したらいいのか、わからない。

まだ何も決まっていないけれど、はじめたい。 

そんな声にお答えする為に、家づくり講座を行っています。 → 詳細はこちらまで

 

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

回遊式の間取りで、歩き回る

 

ひとが歩く動きの道筋を動線と言います。

この動線、一方向へ動く動線ですと、どん詰まりになります。

回遊式動線という動線手法があります。

家の中をぐるっと歩き回る、動線のことです。

 

回遊式動線ですと、家の中での行動に奥行きが出来て、生活をする中で

家の中がゆったり感じてきます。

 

小道や路地を歩くときのようなワクワク感も味わえ、家の中に変化と流動性、

空気と行動の流れと動きが出来、家に奥行きを感じることが出来ます。

生活の奥行きと心地よさにつながります。

 

さらに、回遊式の動線に家事動線を取り込むことで、家事がしやすくなります。

家事は毎日のことですから。

動きやすい家事動線は効率的で快適な家事につながります。

 

画像の平面は、2世帯住宅の子世帯。

キッチンから直接、洗面所に出入りできる事で、料理をしながら洗濯も出来ます。

洗濯モノは浴室乾燥機で乾かした後、そのまま寝室で畳み、

隣のウォークインクローゼットに仕舞います。

 

洗面所には寝室からも入れ、朝起きたとき、隣で寝ているつれ合いを起こさず、

朝のしたくには入れます。

寝室からリビング・ダイニングへぐるっと廻り、キッチンに入ります。

 

右回り・左回り、2方向の動きでどの部屋へも行けることで、

家の中でも奥行きを感じます。


 

【編集後記】

久ぶりに、スイムとランのクロストレーニング。

ランはガチラン3.3キロ、ジョグを4キロ。

スイムは100m5本。

LGS(ゆっくり長く走るトレーニング)は、しばらくやらず、

ガチランをベースに体を強くするトレーニングをメインに、

体作りをしていきます。。


【初めての家づくり講座】

家づくり、何から始めていいのか、わからない。

誰に相談したらいいのか、わからない。

まだ何も決まっていないけれど、はじめたい。 

そんな声にお答えする為に、家づくり講座を行っています。 → 詳細はこちらまで

 

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

 

JUGEMテーマ:住宅

50代からの家づくり

 

なぜか不思議ですが、50代の方からの設計依頼が意外と多いです。

30代40代の家づくりとは、又、異なった視点の家となります。

家族の状況も変わりますというより、今後変化していく家族の姿が少し想定しやすくなってきます。

 

体は元気ですが、30年後の衰えている自分も想像できます。

お勧めもしますし、求められもしますが、寝る・食べる・楽しむ、

将来的には全てのこと1Fで生活できる間取りにする事が解決方法のひとつです。

2階リビングであっても、1F寝室にミニキッチンをつけられる様にしておくことで、将来に備えます。

 

自分が心地よいと思うこと・好きなことが明確にもなって来ますし、そこが変化する事も少なくなります。

ですから、本当に好きで心地よい生活をダイレクトに家の形にすることをお勧めします。

 

【編集後記】

髑髏城の七人 (双葉文庫) を読みました。

先日見に行った、劇団☆新幹線の舞台の脚本を小説に直した本です。

以外にも台詞がほぼそのままなんですね。お話、知ってから見に行くのも良いですよ。

この舞台、演者を変え何度も上演していますが、そのたびに見に行ってる人も多く

話が分かっているからこそ楽しめる部分があります。

 

【初めての家づくり講座】

家づくり、何から始めていいのか、わからない。

誰に相談したらいいのか、わからない。

まだ何も決まっていないけれど、はじめたい。 

そんな声にお答えする為に、家づくり講座を行っています。 → 詳細はこちらまで

 

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所

 

JUGEMテーマ:住宅

回遊式の間取りで、歩き回る

 

ひとが歩く動きの道筋を動線と言います。

この動線、一方向へ動く動線ですと、どん詰まりになります。

回遊式動線という動線手法があります。

家の中をぐるっと歩き回る、動線のことです。

 

回遊式動線ですと、家の中での行動に奥行きが出来て、生活をする中で

家の中がゆったり感じてきます。

 

小道や路地を歩くときのようなワクワク感も味わえ、家の中に変化と流動性、

空気と行動の流れと動きが出来、家に奥行きを感じることが出来ます。

生活の奥行きと心地よさにつながります。

 

さらに、回遊式の動線に家事動線を取り込むことで、家事がしやすくなります。

家事は毎日のことですから。

動きやすい家事動線は効率的で快適な家事につながります。

 

画像の平面は、2世帯住宅の子世帯。

キッチンから直接、洗面所に出入りできる事で、料理をしながら洗濯も出来ます。

洗濯モノは浴室乾燥機で乾かした後、そのまま寝室で畳み、

隣のウォークインクローゼットに仕舞います。

 

洗面所には寝室からも入れ、朝起きたとき、隣で寝ているつれ合いを起こさず、

朝のしたくには入れます。

寝室からリビング・ダイニングへぐるっと廻り、キッチンに入ります。

 

右回り・左回り、2方向の動きでどの部屋へも行けることで、

家の中でも奥行きを感じます。


 

【編集後記】

久ぶりに、スイムとランのクロストレーニング。

ランはガチラン3.3キロ、ジョグを4キロ。

スイムは100m5本。

LGS(ゆっくり長く走るトレーニング)は、しばらくやらず、

ガチランをベースに体を強くするトレーニングをメインに、

体作りをしていきます。。


【初めての家づくり講座】

家づくり、何から始めていいのか、わからない。

誰に相談したらいいのか、わからない。

まだ何も決まっていないけれど、はじめたい。 

そんな声にお答えする為に、家づくり講座を行っています。 → 詳細はこちらまで

 

JUGEMテーマ:住宅